“ボジョレー・ヌーヴォー”解禁間近! 11月15日に「ボジョレー・ヌーヴォー」と、ワンランク上の「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」を発売!

お知らせ

富永貿易株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:富永 昌平)は、本年よりボジョレー地区の名門Aujoux社のワインをキッコーマン社より引継ぎました。今年度はそのAujoux社より、毎年人気の定番商品「ボジョレー・ヌーヴォー」と、ワンランク上の「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(*1)」をボジョレー・ヌーヴォー解禁日の2018年11月15日より発売致します。


『ボジョレー・ヌーヴォー コック2018』 『ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・ド・ラカレル2018』


■「ボジョレー・ヌーヴォー コック2018」

フランスの国鳥、にわとりをカラフルで華やかなデザインでお届けする毎年人気の「にわとりラベル」。かつてフランスの高速列車TGVワイン選定を行い、現在はフランスで三ツ星レストランのシェフソムリエを務めるファブリス・ソミエ氏が特別にアサンブラージュ(*3)を手掛ける特別な一5品です。ラベルにもソミエ氏のイラストを載せています。
2015年と2016年ヴィンテージは「リヨン杯(*2)金賞」を受賞しました。


■「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・ド・ラカレル2018」

ボジョレー地区でも重要なワイナリーのひとつ、シャトー・ド・ラカレルからワンランク上のヌーヴォーをお届けします。
250年もの歴史を持ち、138haの花崗岩の畑で育つ葡萄は100%手摘みです。チェリーやすみれの香りを持ち、フレッシュでバランスの良いワインで定評のあるシャトー。
2016年ヴィンテージは「リヨン杯金賞」を受賞しました。

(*1)“ヴィラージュ”とは“村”という意味で、ボジョレー地区の中でも法律で定められた特定の村で収穫された葡萄でできたワインを“ヴィラージュ・ヌーヴォー”と呼びます。
(*2)「リヨン杯」は、フランス・リヨンで開催されるボジョレー・ヌーヴォー唯一のワインコンクールです。
(*3)数種類のぶどうをブレンドすることをフランス語で「アサンブラージュ」といいます。


【商品概要】
商品名      :「ボジョレー・ヌーヴォー コック2018」/
          「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
           シャトー・ド・ ラカレル2018」
容量       :750ml
希望小売価格(税抜):コック…1,900円 /ラカレル…2,200円
発売日      :2018年11月15日(木)
原産国      :フランス
販売地域     :全国


■Aujoux(オージュ)社について

1938年、ボジョレー地区に創立されたフランスの名門ネゴシアン(*4)。ボジョレー地区で3番目に大きなワインオーナーであり、同地区を中心にブルゴーニュ地方やコート・デュ・ローヌ、近年はラングドックやルーション地方のワインも手掛けています。「葡萄の地に根ざし、その土地の専門家になること」を哲学とし、後に葡萄園を所有するようになりました。葡萄栽培、醸造、瓶詰めまで一貫した生産体制を整えた「生産者兼ネゴシアン」として名を馳せています。

(*4)「ネゴシアン」とは、農家から原料ブドウやワインを買い付け、自社で熟成・瓶詰めをして出荷をする生産者のことを言います。Aujoux社はシャトー・ド・ラカレルのように一部自社葡萄園も所有しています。


■ファブリス・ソミエFabrice Sommier氏について

2000年 有名な料飲店評価で最高評価を受けたレストランにて、シェフソムリエの職に就く
2007年 国家最優秀職人賞=MOF(*)を受賞。現在はその運営に携わる
2015年 Georges Blancグループのレストラン部門ディレクターを務める

(*)国家最優秀職人賞=MOF(Meilleur Ouvrier de France)とは、フランスで3年に一度開催され合格者にはフランス大統領の名においてメダルが授与されます。フランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度な技術を持つ職人に授与される賞です。過去の受賞履歴にはジョエル・ロブションやポール・ボキューズなど名立たる職人が名を連ねています。

▽Aujoux社ホームページ(英語)
https://www.aujoux.fr/


ファブリス・ソミエFabrice Sommier氏


【問い合わせ先】 ※土日祝日を除く9:00~17:30
富永貿易株式会社 総務部