海外事業

価値ある商品で、世界中を笑顔に

1923年にアジアへの輸出からスタートした貿易事業。現在では食の専門商社として、アジアを中心に、世界各国の取引先の方々と信頼のネットワークを構築。海外市場の多様なニーズに応える「価値ある商品」を提供し、今日も世界中の人々を笑顔にしています。

●輸出の歴史

富永貿易の輸出については、1970年代から1980年代にかけて輸出の黄金時代でした。
中東諸国向けの飲料製品の輸出は、非常に大きなビジネスとなり、他にも、紙製品や家電製品など多岐に渡る商材を輸出していました。

●現地ローカル企業との直接取引

現地ディストリビューター・小売企業との直接取引を行いながら、最適な商流と物流を実現します。

●海外市場に幅広い選択肢でのアプローチ

商品開発力を活かして、海外市場の嗜好に合った商品を提供します。
国産商品の輸出、三国間貿易、あるいは現地製造。
富永貿易だからこそできる幅広い選択肢のなかから最適な提案を見つけ出すことで海外市場に挑戦します。